J-REIT銘柄の株式モバイル用チャート一覧

<<< 10 >>>
8957東急RE・東_他・その他HP
東急電鉄をスポンサーとする複合型J-REIT。投資対象はオフィス、商業施設、住宅、及びいずれかを含む複合施設。都心5区及び東急線沿線へ重点投資する。また不動産価格の長期的な循環性を活用し、バリュー投資及び逆張り投資による物件入替えを行う投資戦略。2021年1月時点の資産規模は2426億円。ポートフォリオ比率は、約65%をオフィス、約30%を商業施設が占め、残り約5%が住宅と底地の構成。JCRから「AA-」という高格付を取得。
終値:159000 前比:-2800-1.73%
8958グロバワン・東_他・その他HP
明治安田生命、三菱UFJフィナンシャル・グループ、近鉄グループをスポンサーとするオフィス特化型J-REIT。特に駅近、築浅、大型のオフィス物件にフォーカスした厳選投資の方針を採っており、規模拡大よりも質を重視する。2021年3月末のポートフォリオは東京圏の物件が9割超を占める他、「最寄駅に直結又は徒歩5分以内」の物件による構成比率は100%となっている。JCRから「AA-」という高格付を取得している。
終値:108200 前比:-800-0.73%
8960ユナイテッド・東_他・その他HP
丸紅をスポンサーとする総合型J-REIT。最大投資先のオフィスでもポートフォリオの30%程度を占めるに過ぎず、用途別の分散を重視した構成になっている。JCRから「AA」という高格付を取得しており、日本銀行が投資口6%以上を保有している銘柄の一つ。
終値:150400 前比:-2500-1.64%
8961森トラストR・東_他・その他HP
森トラストをスポンサーとする総合型REIT。取得対象は、東京都心部のオフィスを中心としており、ポートフォリオ構成は、オフィスが7割、商業施設等が3割、地域別では東京都心部が8割、その他エリアが2割。JCRから「AA」の高格付を取得。スポンサーの森トラストが発行済投資口総数の約26%の最大投資主になっている。旗艦物件の「東京汐留ビルディング」はポートフォリオ全体の25%を占める。
終値:73800 前比:-400-0.54%
8963INV・東_他・その他HP
外資系運用会社フォートレス・インベストメント・グループ(FIG)をメイン・スポンサー、ソフトバンクをサブ・スポンサーとするJ-REIT(FIGはソフトバンクの傘下)。2010年2月にエルピーシー投資法人を吸収合併。投資対象は、ホテルと住居を中核資産とする総合型。ポートフォリオ構成は、ホテルが9割を占め、住居が1割弱。英領ケイマンの島のホテル2件を保有する。格付はJCRから「A+」を取得。
終値:69500 前比:-100-0.14%
<<< 8 9 10 11 12 >>>

TOP >テーマ別 >
J-REIT銘柄
(種別:4mミニモバイル用テキスト








アクセス解析